あんしん組合ファンドレイザー(FR)資格の取得にあたっては、基本的知識を得る
ための基礎講座(通信教育)修了が条件となります。



 Point 資格認定の概要は次のようなものです。



●認定資格の種類は3級~1級の3段階とする。
(※1級はまだ実施されていません)

●本組合の実施する通信講座の修了を受検の条件とする。

●資格認定試験は「学科」と「実技(企画書作成)」で構成される。

●自宅での受検を可能とし、一定の締め切り内に提出を受け付ける。



資格取得後は本組合認定のファンドレイザーとして活動できるほか、
通信講座の添削業務、セミナー講師業務などの道も開けます。

今後多くのNPO団体に働きかけ、優秀なファンドレイザーの方は、
本組合より当該NPO側に紹介させていただくことも可能です。



■ 取得方法・試験内容


あんしん組合 ファンドレイザー(FR)制度のご案内

あんしん組合認定のファンドレイザー資格制度、

「あんしん組合 ファンドレイザー(FR)技能検定」は、2010年4月に運営を
開始し、すでに学習を終えられ業務を開始している方もいます。

《基礎講座の内容》


◎ファンドレイジング資格認定 公式テキスト.1
 第1科目: 「NPOと地域社会」 (87ページ)

◎ファンドレイジング資格認定 公式テキスト.2
 第2科目: 「ファンドレイジングの基礎」 (125ページ)

◎サブテキスト 1部 (183ページ)

これらのテキストを学習後、後日送付される 「学科試験」 の問題に取り組んでいただき
ます。試験問題の内容は、公式テキスト及びサブテキストからまんべんなく出題されます。

在宅での受検となりますので、テキストをご覧頂きながら解答しても構いません。
《学科試験》

 第1科目 「NPOと地域社会」       全15問
 第2科目 「ファンドレイジングの基礎」 全20問

※解答を仕上げ、返信用封筒にて事務局に提出。


〔合格基準〕:各科目とも正答率
70%以上

 提出期限は学科試験問題および解答用紙が到着した日から2週間以内となります。


 学科試験を期限内に提出いただき、採点の結果、規定の得点に達した方は
 
「あんしん組合ファンドレイザー(FR) 技能検定 3級」

 に認定されます。

《実技試験合格で 2級 取得》


◎実技試験 (企画書作成・小論文課題)

引き続き 2級 資格取得を目指す方には 「実技試験」 の試験問題一式をお送りいたします。
内容は公式テキスト・サブテキストの応用で、実際に具体的な資金調達をプランニングし、企画書を作成していただきます。

ご自身のオリジナルとして 「このようにしてファンドレイジングをしたい」 という具体案を企画し、実現できる範囲を想定して作成いただければけっこうです。


また、小論文課題はNPO側の視点ではなく『寄付者の視点』から2,000字程度で論じます。


規定の得点に達した方は

「あんしん組合ファンドレイザー(FR) 技能検定 2級」

に認定されます。



公式テキストは3部構成の図解入り。