本組合の資格認定制度に興味をお持ちいただき、ありがとうございます。



私どもの認定資格 「あんしん組合認定ファンドレイザー(FR)技能検定」 は、日本における初の 「ファンドレイジング関連資格」 です。


現時点ではプロフェッショナルの資金開拓担当者(ファンドレイザー)としての能力と資質を証明する唯一の資格制度であり、予備知識のない受検希望者でも一定の能力を得て、ステップアップをはかることのできる教育制度として注目を集めています。


【資格認定制度発足の目的】

当組合ではファンドレイザーという職業の認知度と信頼性を高め、新たなる雇用を創出するという理念に基づいて資格認定制度を発足させております。したがって、資格認定の目的はファンドレイザーを管理・統制することではなく、育成し、サポートし、適した役割を与えることにあるのです。

NPO業界内において必須のスキルでありながら、現在に至るまでそのノウハウにふれる機会すらなく、不慣れなスタッフやボランティアが手探りで行なわざるを得なかったファンドレイジング。その重要性が認識され始めているいま、ファンドレイジングの専門知識を有した人材の育成は、最も急がなければならない課題なのです。

したがって、いまファンドレイジングに興味を持ち、ファンドレイザーを志している方は、時代の最先端をゆく 「社会から求められる人材」 といえます。

現在こそメジャー資格となったファイナンシャルプランナー(FP)も、当初は認知度の低いマイナー資格に過ぎなかった。

社会のニーズに素早く対応し、早期に関連資格を取得することで得られる競争優位性は計り知れない。
まだ一般にはあまり認知されていないファンドレイザーとしての知識とライセンスを得ることで、困難な社会状況の中でも 「自分にしかできない専門分野」 をもつ希少なスペシャリストとして尊敬と羨望の眼を向けられることでしょう。

なぜならば、ファンドレジングという概念はこれからの日本および世界において、注目度、ニーズともに急激に高まっていくものだからです。
少しでも興味がありましたら、ぜひ講座受講と資格取得を目指していただき、単なる慈善活動とはステージの異なる 「専門職としての社会活動」 にチャレンジしてみてください。